交通事故を起こさない

交通事故はどれだけ気をつけていても、被害者になる可能性も加害者になる可能性もあるものです。
自分は大丈夫と思っていても、ちょっとした気の緩みが事故につながることもありますし、自分は正しく運転ができていても事故に巻き込まれるケースもあります。
最近は自動ブレーキ機能や、障害物察知機能がついた自動車も増えていますが、レーダーが対処しきれない急な飛び出しもあります。
このように、どれだけ気をつけて完璧な安全運転をしているつもりでも、絶対に事故を起こさないとは言い切れないのです。

絶対に事故を起こさないためには車に乗らないことしかないと思われるかもしれないですが、決してそうではありません。
自転車を運転中でも交通事故は起こりますし、歩行中でも自分が交通ルールを違反したり不注意をしたことで交通事故を引き起こしてしまうことだってあるのです。
交通事故に遭った時には被害者と加害者の過失の割合が決定しそれに応じて保険の請求金額が決まります。
多くの場合、歩行者で交通ルールを遵守していた場合でも過失の割合は0になることはほとんどありません。
ですから、交通事故が起きる原因をきちんと理解した上で、運転中であってもそうでなくても外出中には、事故に遭わないよう自分にできることをきちんと行うことが大切なのです。
そこで、ここでは、交通事故が起きないために気をつけるべきこと、交通事故を起こしやすい状況やタイプについて紹介をしていきます。

Copyright © 2014 交通事故が起きない運転 All Rights Reserved.